那須を応援!メグ&ロッドの『661ナビ』

那須高原の661グループについてゆる~くナビするブログです。春夏秋冬、お買い物やグルメはもちろん、特別な日、癒しの場などなど・・・スタッフ裏話やマル秘エピソードもあるかも!?


title

ワイナリー視察日記 ~●●●が出た!ペンシルバニアホテル~

ワイナリー視察の宿泊は「ペンシルバニアホテル」

hotel04

今回の滞在拠点であるペンシルバニアホテル(Hotel Pennsylvania Nyc)

「ビジネスマンには最適」とか、「築百年の風情がある」とか、「寝るだけ」など、様々な口コミがありますが・・・

今回は、私(661グループ現社長:室井)の実体験をご紹介します。

ペンシルバニアホテルは、ニューヨーク州にあるマンハッタンのド真中に立つ大型ホテル(全1700室)。

ホテルの格付けは2つ星★★。

築年数は古く、施設やサービスは最低限のもの。価格重視の人向けです。

そして、メジャーな旅行会社による口コミサイトの評価は★3以下(!)が目立つというなかなかの冷評ぶり。

・・・とはいえ実際のところ、部屋の広さ、風呂や空調、接客サービス全てに「当たり外れ」があるようなんです。

ふと目が覚めたら、部屋に●●●が・・・!

私の場合、通された部屋は古くて狭い印象でした。

しかし、これが予想外にラッキーな出来事の始まりだったのです。

チェックイン後、空腹を満たすべく、近場の「コリアタウン(Korean Town)」に向いました。

hotel03

オーダーしたチゲ鍋をビールと共に食べ終え・・・

hotel05

部屋に戻ると、バタンキュー。

還暦過ぎた私に、20時間のフライトはキツかった・・・

・・・

・・・・

3時間ほど経った頃でしょうか。

カシャカシャ・・・

・・・何だか、音が聞こえる。

目が覚めて体を起こすと、床にお菓子が落ちている。

さらに目を凝らすと、テニスボールくらいの小さなネズミ(!)が走り回っていたのです。

hotel02

日本のホテルでは、あり得ないですよね?

とてもじゃないが、安眠できない・・・!

証拠写真をスマホで撮影し、フロントに持ち込みました。

ホテルマンからの謝罪は無し。

その上、無口で無愛想。

hotel10

そして、手慣れた様子で「上層階の鍵」を渡されました。

・・・いや、正直、渡されたと言うより「放り投げられた」感じ。

感情を抑えて尋ねます。

nofu-normal
「・・・クマネズミ、ですかね?」

愛想笑いと共に、こんな返事がありました。

hotel11
「You are in luck.
(あなた、運がいいわ。)

It‘s usually one feet.」
(普通は30センチだから。)

hotel01
巨大ネズミ

30センチ以上の巨大ネズミ(スーパーラット):
スーパーラットの大半は、クマネズミが進化したものといわれています。
クマネズミは都会に順応し、ドブネズミ、小型のハツカネズミと並んで、人家やその周辺に棲息するネズミ類の一種。

気を取り直して、新たに用意された部屋へ移ります。

hotel06

今度の部屋は広くて明るく、きちんとリフォームされている雰囲気。

寝るだけの部屋とは言え、5連泊もする滞在拠点。

禍を転じて福と為す(?)、ネズミ様々。

フロントはお粗末でしたが、非常にラッキーなルームチェンジでした。

アクセス便利!ペンシルバニアホテル

ペンシルバニアホテル周辺の交通はとても便利です。

市外の空港や鉄道など出張には最適ですし、徒歩圏内にマンハッタン(Manhattan)の観光スポットが目白押し。

超有名なタイムズスクエア(Times Square)まで、徒歩5分ほどです。

本屋バーンズ・アンド・ノーブル(Barnes & Noble)では、自分用にワイナリーや造園デザインの本を100冊(約50kg相当!)買いました。

hotel07
Barnes & Noble
Fifth Ave - New York, NY

ちなみにこちらのお店、映画「You’ve Got Mail(『ユー・ガット・メール』主演:トム・ハンクス&メグ・ライアン)」のモデルにもなったアメリカ最大の本屋チェーンです。

バーンズ・アンド・ノーブル(B&N)店舗は700店以上あり、その多くにカフェコーナー(starbacks coffee)とベストセラーのセールコーナーが設置されています。

また、書籍だけではなく、雑貨や土産物、玩具やゲーム(キッズスペース有)なども販売されています。

hotel08
B&Nの児童書コーナー

日本でこういったスタイルの本屋と言えば、ジュンク堂蔦屋書店の大型店が思い浮かびますね。

おわりに

nofu-normal
さて。

爆買いの結果、手荷物が6個(!)と大幅重量アップ。

hotel09
爆買いの一部

最終日には、タクシーを待たせて部屋 ⇔ ロビーを3往復も(!)する羽目になり、チェックアウトから出発まで約1時間のタイムロス・・・

とは言え、長~い行列ができると聞いていたチェックアウトですが、今回は無し。

最後もラッキーでした!

アメリカ視察シリーズは次回が最終回です。お楽しみに!)

ワイナリー視察日記 ~大満足の肉盛り!ホームタウンBBQ~

土日は満席!大人気のバーベキュー店

IMG_20180906_174744

「ホームタウンBBQ(Hometown Bar-B-Que)」です。

ツアーガイドから「必見!」と勧められたバーベキュー店。

お店はニューヨーク都心に位置するブルックリンワイナリー(Brooklyn Winery)から、車で20分ほど離れたレッド・フック地区(Red Hook)の埠頭に位置します。

正直、交通アクセスは良くありませんが、週末にはBBQを好むアメリカ人で満席になる人気店です。

「ホームタウンBBQ」の開業は2013年9月。

オーナーはビリー・ダーニー(Billy Durney/ブルックリン出身)で、ピット・マスター(PITMASTER)を兼任しています。

ちなみに・・・

「ピット」「肉を焼くかまど」

「ピット・マスター」「ピットを使った肉料理の達人」

を、意味します。

「ピット・マスター」という呼称、実は造語です。

ピット調理に関する特別な技術を持っている専門家のことを指し、日本で言えば「寿司職人」といったところでしょうか。

ホームタウンBBQの創業者、ビリー・ダーニー

IMG_20180906_183254

ビリーが「ホームタウンBBQ」を開業したきっかけは、幼い頃にペンシルバニア州の祖父母宅で味わったBBQ料理に魅了されたこと。

20年近く働いていたガードマンの仕事から転職を決意し、アメリカ中を回ってBBQの調理技術を磨きました。

そして、ニューヨークの有名店で活躍していた料理人、ミッチェル・ローゼン(Mitchell Rosen)マイケル・コンロン(Michael Conlon)に出会い、共に歩み始めます。

ローゼンは、ホームタウンでのBBQ料理から音楽イベントに至るまで、全ての運営を仕切るゼネラルマネージャー(GENERAL MANAGER)として、マイケルはBBQの調理スタッフを率いる「ピット・ボス(PIT BOSS)」として迎え、3人とも「ピット」に携わるというユニークな体制です。

ホームタウンBBQは、こんな感じのお店

IMG_20180906_183431

店内からは海も見えます。

倉庫だった建物を、ラフなブルックリンスタイルに改装しました。

IMG_20180906_183356

店頭に停められたピット

IMG_20180906_175404

店内では薪をアートのように積み上げ、野趣に富んだ店内燻蒸をアピールしています。

ホームタウンBBQでは、肉料理の「味」にもこだわりがあります。

伝統的な南部スタイルである、オーク材を用いて「ピット・スモーク(燻蒸)」した本格的な肉料理。

また、肉料理はベトナム風ジャマイカ風に味付けするなど、多国籍なブロンクスの下町を表現する多様なフレーバーを揃えて、BBQにこだわるニューヨーカーの舌を唸らせているのです。

さっそく、食べてみた!

IMG_20180906_175521

私はブリスケット(※)とビーンズを食べました!

オーク(樫)の香りと、口の中でトロトロになるほど柔らかくジューシーなお肉の美味しさに驚きです!

ブリスケット(brisket)
主に牛ばら肉を指す言葉。略称「ブリスケ」
出典:Wikipedia

IMG_20180906_175612

日本で食べる「アメリカンビーフ」とは全く違う、これまでの記憶の中で一番の逸品でした。

この美味さは「調理技術」もさることながら、小型の蒸気機関車のような「ピット」との相乗効果だ!と思いました。

さっそく「ピット」のメーカーを調べたところ、ジョージア州(12300 U.S. Highway 82 West, Nahunta, GA 31553 アメリカ合衆国)にあるLANG BBQ smokersという会社でした。

IMG_20180906_183417

全品注文製作の手作りで、相場は1機で500ドル~(=54万円~)。

ホームタウンBBQのご紹介

巨大な肉塊にスパイスを仕込み、絶妙な焼き加減で仕上げたジューシーなお肉。

切れ味抜群のナイフで豪快に切り分ける様子など・・・

百聞は一見に如かず。

こちらが「ホームタウンBBQ」です!


A Visit to Hometown Bar-B-Que in Red Hook, Brooklyn

店内や調理場の様子に、ビリーのコメントも!


Hometown Bar-B-Que' Is a Meat Lover's Dream | Food & Wine

メインの肉料理からサイドメニューまで!


Assembling the Ultimate Meat Platter At Hometown Bar-B-Que

新聞の見開きページ分ほどのワイドな木皿へ、豪快な肉盛り!

おわりに

nofu-normal

日本のBBQシーズンは初夏から始まります。

もし661ワイナリー敷地に、本場アメリカからピットを輸入できたら・・・

迫力満点のパフォーマンスになること間違いなし!

・公式ホームページ ⇒ Hometown Bar-B-Que

・公式インスタグラム ⇒ Hometown Bar-B-Que

アメリカ視察シリーズはまだまだ続きます。お楽しみに!)

ワイナリー視察日記 ~NYで大人気!ブルックリン・ワイナリー~

都市型ワイナリーの先駆け

brooklyn-winery11

画像引用元:U.S.A.ANA

「マンハッタンの夜景」という印象しかなかったニューヨークの「ブルックリン(Brooklyn)」

ですが、今、アーバン・ワイナリー(都市型ワイナリー)が注目されていると知り、視察先に組み込みました。

アーバン・ワイナリー(Urban Winery)とは、他所の土地で栽培されたブドウを使って醸造のみを行うスタイル(業態)のワイナリーの総称です。

今回は、そんな都市型ワイナリーの先駆けである「ブルックリン・ワイナリー」をご紹介いたします。

ブルックリン・ワイナリー(Brooklyn Winery)

ブルックリン・ワイナリーの起業は2010年。

「都会でワイン造りが出来たら楽しい!」

創業者はIT関連のスタートアップ企業で同僚だった2人(ブライアン・レベンソーとジョン・スティアーズ)です。

彼らはニュージャージーのワイナリーで3年間修練した後、ブルックリン・ワイナリー(Brooklyn Winery)を起業しました。

醸造担当として迎えたチャック・ゲルゲィ(Chuck Gergley)は、カリフォルニア大学でワイン醸造を学び、サンフランシスコの都会型醸造所で働いていた逸材です。

3人の「ワインに対する熱意」と「若者の嗜好」を踏まえた新しいワインを造り、今では年商5億円を達成しています。

ブルックリンスタイルのワイナリー

brooklyn-winery03
ブルックリン・ワイナリーの建物外観

画像引用元:トリップアドバイザー「ブルックリン」

ブルックリン・ワイナリーの建物は、クラブを改装して造られました。

nofu-normal

外観が簡素なので、
街並みに埋もれて通り過ぎそうになります・・・

brooklyn-winery05
ワインバー

画像引用元:トリップアドバイザー「ブルックリン」

併設されたワインバーでは、お洒落なブルックリンスタイルを取り入れています。

brooklyn-winery07
ブルックリンスタイル

画像引用元:トリップアドバイザー「ブルックリン」

納屋の木をベースにした装飾壁、第二次世界大戦の弾薬箱はワインラックとして、ヴィンテージの産業用照明、1940年代の美しい壁紙など・・・

全て再生素材でデザインされているのです。

ブドウはニューヨーク州だけでなく、カリフォルニア州の西海岸にあるナパヴァレー(Napa valley)、ソノマ(Sonoma)からも半冷凍で取り寄せています。

入荷と同時に、スタッフたちは昼夜を問わず醸造してせっせとワインを造っています。

初秋の8週間では、なんと150トンものブドウを仕込むため、醸造スタッフたちはその時期を「クラッシュ」と呼んでいます。

ツアー&テイスティング(Tours & Tastings)

brooklyn-winery08
ツアー&テイスティング

画像引用元:BrooklynWinery公式サイト

●Winery Tours & Tastings(Brooklyn Winery 101):35ドル

ブルックリン・ワイナリーの「工場見学」「人気ワインの試飲」がセットになったツアーで、初心者にもワイン好きにもおススメです。

ツアー&テイスティングの参加者は全員、ツアー当日にブルックリン・ワイナリーのワインを10%オフで購入できます。

ツアーは、工場見学からのスタートです。

前半はシャルドネのワインを飲みながらの工場見学で、後半はカウンターに座って数種類のワインをテイスティングします。

nofu-normal

ツアー中はずっと飲み続けられるため、酔いが回ってしまうかも・・・

他にも、

●Wine & Cheese Tasting at Brooklyn Winery :45ドル

1時間のテイスティングで、ワインとチーズの「略歴」と「作り方」、そしてこれらの「風味の組み合わせ方」を説明します。

●Winery Wedding(結婚披露パーティー)

●Happy Hour(ハッピーアワー)

月~金曜の午後5時~8時まで。グラスワインは7ドル、軽食(バーナッツと盛り合わせオリーブ)は3ドルの特別価格で提供。

・・・など、たくさんの企画が用意されています。

なお、土日はプライベートイベントで貸切(一般客の入場不可)のことも多く、ツアーは事前予約制となっています。ご注意を!

⇒事前に営業スケジュールを確認できます。

コンセプト

ブルックリン・ワイナリーのコンセプトは、

「ニューヨークの女性や若者たちがワインに親しみ、その楽しさを多くの人達に知らせよう」

です。

スタイリッシュなワインバーでは、厳選した25種類の醸造ワインに加え、ビールやソフトドリンクの他、お酒と相性抜群の軽食やスイーツが用意されています。

ワインはいずれも個性的で、香りが強いもの、スパイシーな赤など、テイスティングで自分の好みが分かるでしょう。

人生の一大イベントである結婚披露宴も手掛けているとあって、マネージャーやスタッフの気配りも含め、ワイナリー全体から「顧客ファースト」の雰囲気が伝わってきます。

おわりに

nofu-normal

異業種から転職し、起業して10年足らずで年商5億円の人気ワイナリーに成長させた気鋭のワイナリスト3人。

そんな彼らの業績から、まだ醸造歴の浅い661ワイナリー開発に採り入れるべき事を学び、大きな収穫を得ることができました。

アメリカ視察シリーズはまだまだ続きます。お楽しみに!)

ワイナリー視察日記 ~ニューヨーク州のハドソンリバー~

ハドソン川沿いのニューヨークワイン

Hudson01
ブラザーフッド・ワイナリー(Brotherhood Winery)

画像引用元:トリップアドバイザー

ニューヨーク市北部のハドソン川沿いは、アメリカ最古のワイン生産地です。

午前中の日照時間が長く、冬は南風で葡萄栽培には最適な土地柄です。

北米で一番古いワイナリーも存在し、観光地としても人気です。

今回は、ブラザーフッド・ワイナリー(Brotherhood Winery)を視察しました。

180年の歴史を誇る、アメリカ最古のワイナリーです。

通訳のガイドと共に、ツアー(TOUR)に参加しました。

料金(TICKET)は、8ドル~15ドル程度。

グループの人数や滞在時間によって、メニュー(ツアー+試飲、試飲のみなど)が選べます。

まずは歴史から・・・

創業者(ジョン・ジャック/John Jaques)から息子たち2代目までは、「とにかくワインを作り続ける」家族経営でした。

禁酒法(1921年~1933年)の時代は、キリスト教の聖餐用ワインなどを作り続けてしのいだといいます。

その後、経営者は変わりながらも約200年という歴史を経て、現在に至ります。

ブラザーフッド・ワイナリーでは、「集客が第一」というコンセプトを掲げ、「試飲→お買い上げ」というお客様も多いことから、ワイナリーツアーを考案しました。

ちなみに・・・

9月
「Wine & Food Festival」
ハドソンバレー ワイン&フード祭

5月
「Death of a Gangster」
とある怪しげな結婚式への招待から始まり・・・というスタイルのディナー&ショー

4月
「Mac & Cheese Festival」
ハドソンバレー最高級レストランのシェフの料理を試せるファミリーイベント(10歳以下のお子様が無料)

・・・など、たくさんのイベントが開催されており、まるでアミューズメントパークのようです。

いざ、ツアーへ!

Hudson02

画像引用元:トリップアドバイザー

ツアーではまず、ワインセラーのある地下階へ。

階段を降りると独特の甘い香りが漂っています。

ジャンプしても届きそうにない高さの巨大な樽が左右にズラリと並ぶ部屋を抜け、創業者が造った貯蔵庫に移動します。

頑丈な鉄格子の奥には・・・

Hudson03

画像引用元:トリップアドバイザー

創業当時のワインボトルが、そのまま(!)保管されている」

nofu-normal

果たして、
ワインは熟成しているのか、
はたまた酢になってしまっているのでしょうか・・・

スパークリングワインの発酵部屋

Hudson11

シャンパンに代表される「スパークリングワイン」といえば、「泡」ですが・・・

ここブラザーフッド・ワイナリーでは、

「キレイな発泡は、ボトルを1本ずつ反転させたり回転させたりして造る(=トラディショナル方式)」という製法を採用しており、

「一旦取り出して、発酵させてからボトルに戻すやり方(=トランスファー方式 など)」は行っていないとのこと。

製法の違いによって、泡のきめ細やかさなども大きく変わります。

ブラザーフッドのスパークリングワインは、大変な手間を惜しまず作られているんですね。

nofu-normal

我がワイナリーでも、
高級シャンパンにチャレンジします!

オーク樽200本

Hudson04

画像引用元:トリップアドバイザー

ワイナリーで良く見かけるサイズのオーク樽に様々なワインを詰めて2段、3段、4段と積み重ねてあります。全部で200本はあるとか・・・

ワインの商品価値は、「年数」ではなく「良いブドウが採れた年」が基準になるそうです。

最後はテイスティング

Hudson05
テイスティングルーム「TASTING ROOM」

画像引用元:トリップアドバイザー

ワイナリーショップに併設されたテイスティングルームで試飲します。

Hudson06

画像引用元:トリップアドバイザー

5コースのメニューから選べて、どれでも10ドルです。

Hudson07
ギフトショップ「GIFT SHOP」

画像引用元:トリップアドバイザー

自社商品以外のワインも取り扱いがあり、スパイス、ビネガー、サングリアなどバラエティーに富む品揃え。

Hudson10
フレンチレストラン「Vinum Cafe」

画像引用元:EXPLORER-HUDSON-VALLEY.COM

ワイナリーの敷地内にはカジュアルなフレンチレストラン「Vinum Cafe」(Vinum ヴィヌム:ラテン語でぶどう酒)があります。

Hudson08

画像引用元:トリップアドバイザー

その他、ワインバーB&B(Bed & Breakfast:家族経営による小規模な宿泊施設)など、関連施設も非常に充実しています。

ブラザーフッド・ワイナリーのツアーに訪れた観光客によると、

「これだけ体験できてこの価格なら、本当にお値打ち!」

といった感想が多く聞かれます。

現在の経営者になって百年近くになるそうですが、当社も、「661ワイナリー」開業予定の2020年秋には創業94年を迎えます。

Hudson09

画像引用元:トリップアドバイザー

nofu-normal

ブラザーフッド・ワイナリーでの体験は、大いに参考になりました!

アメリカ視察シリーズはまだまだ続きます。お楽しみに!)

ワイナリー視察日記 ~ニューヨーク州のロングアイランド~

実は、ニューヨーク州で第3位のワイン生産地

longisland05

画像引用元:Wikipedia「ロングアイランド」
By Maximilian Dörrbecker (Chumwa) - 投稿者自身による作品, using OpenStreetMap data, CC 表示-継承 2.0, Link

ロングアイランド(Long Island)は、ニューヨーク(New York)州に属し、大西洋に浮かぶ島です。

ロングアイランドは、「ニューヨークのボルドー(※)とも呼ばれているワインの生産地です。

(※)海に隣接している土壌がフランスの「ボルドー地区」に似ていると言われていることから。
ボルドー(Bordeaux)&ブルゴーニュ(Bourgogne)はフランスの2大銘醸地)。

冬も温暖で、ぶどうの育成期間が長いのが特徴の1つです。

島東の先端部にあるペコニック湾(Peconic Bay)はフォークのように分かれていて、湾南側を「サウス・フォーク」、北側を「ノース・フォーク」と呼びます。

ワイナリーロードに軒を連ねる「ワイン生産地」

longisland04

滞在中のホテルから1時間半ほど車を走らせてノース・フォーク地区に入ると、ワイン畑が連なる「ワイナリーロード」が始まりました。

当地区だけで50軒以上のワイナリーが存在し、その数は島全体の半分以上

歴史ある文化と伝統がうまく融合した「ブティック・ワイナリー(Boutique Winery)」と呼ばれるタイプのワイナリーが多くあるのも、ロングアイランドの特徴です。

「ブティック・ワイナリー」では手摘み・手作業で高品質なワインが多く集まります。

生産量が少ないため一般のお店には出まわらず、ここでしか飲めない希少なワインもあるのだとか・・・。

ちなみに、こんなワインもあります。

longisland06
オバマ大統領再選の就任式昼食会で出されたワイン
「ベデル・セラーズ」のメルロ
(Bedell Cellars Merlot North Fork of Long Island)

画像引用元:H.I.S.ホームページ「旅ブロ」

longisland07
ペリー提督の子孫が営む「The Old Field Vineyards」
黒船ラベルのワイン

画像引用元:「WINE-WHAT!?」

飛び込んだ先のワイナリーは、超有名な・・・

longisland01

さて。

さすがニューヨーク州第3位のワイン生産地、どこから視察に行けば良いものやら・・・

とりあえず、車窓から目についたワイナリーへ飛び込むことにしました。

nofu-normal

「ついでに、トイレ休憩しましょう」

車を止めて立ち寄ったワイナリーは「マッコール ワインズ(McCall Wines)」

接客係はオーナーのマッコール夫人でした。

longisland003
マッコール夫人(Mrs. McCall)

かつて馬小屋だった納屋は「テイスティングルーム」として利用され、現在はランドマーク(米国の文化財)に指定されているとのこと。

longisland03

テイスティングルーム

マッコール ワインズは2007年に創設されました。

2010年には風力タービンを建て、そこから得られる風力エネルギーはロングアイランド電力協会に電力供給できるほど。

また、100エーカーの牧草地で牛の飼育も行っています。
(100エーカー=東京ドーム8.5個分!

その牛は「シャロレー牛(Charolais cattle)」と呼ばれ、季節ごとにテイスティングルームで購入できます。

現地では分からなかったのですが、ここは2013年のNYワイン&フード・クラッシックで、ワイナリー・オブ・ザ・イヤー(Winery of the Year)を受賞したという輝かしい経歴をもつ、超有名ワイナリーだったのです。

nofu-normal

(小声)「テイスティングルームといっても、
荒ら屋(あばらや)にしか見えなかったんですけどね・・・」

ロングアイランド視察、まとめ

【1】ロングアイランドは「ニューヨークのボルドー」

【2】ブティック・ワイナリーが多い

【3】ニューヨークで一番のワイナリー「マッコール ワインズ」がある

ニューヨーク州の大都市マンハッタン(Manhattan)からノースフォーク地区までは、車で1時間ほど。

そこには大自然が広がっています。

ワインロードではアライグマ(raccoon)や鴈(goose)などの野生動物に出会えます。

raccoons-439883_640

アライグマ

goose-3506513_640

晴れた日の夜には、太古の昔と同じ満天の星空が海に映るのだとか・・・

nofu-normal

「BBQも体験できるそうです。
次は泊りがけで再訪し、ワイナリーをハシゴします!」

アメリカ視察シリーズはまだまだ続きます。お楽しみに!)