那須を応援!メグ&ロッドの『661ナビ』

那須高原の661グループについてゆる~くナビするブログです。春夏秋冬、お買い物やグルメはもちろん、特別な日、癒しの場などなど・・・スタッフ裏話やマル秘エピソードもあるかも!?

ワイナリー


title

【醸造所こぼれ話】 資源再生建築 ~ 新ワイン光希の誕生

醸造所のよもやま話

201902醸造所
■雪林に佇む自家醸造所

──── 周囲の雑木林にすっかり馴染んでいますね。

この醸造所で、ブルーベリーワイン2019 光希が誕生しました。

「光希」は、自家醸造第1号のワインです。

この醸造所は、後継ぎのない高齢農家から不要な農業用倉庫を引き取ったものです。

つまり、661ワイナリー計画のコンセプトに沿った「資源再生建築物」なんです。

こういった大型の倉庫は、「廃棄物」としては多額の処分費がかさむ厄介者ですが、私たちの手に掛かれば「醸造所」という観光資源に変身させることができます。

大谷石と植栽
■大谷石と植栽

醸造所の外観はニューヨークのアーバンワイナリー風に整備し、敷地には「災害ごみ」だった「大谷石」を敷設し、自然に馴染むような植樹・植栽を心掛けています。

開墾と同時に醸造免許取得に取り組みました。

何度も書類の修正が必要だった上、農園の土壌に合う苗探しや人材確保なども同時進行で・・・本当に大変でしたが、あっという間でした。

「光希」の誕生は、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日には間に合ったものの、那須町が「どぶろく・ワイン特区」を取得してからは4年が経過していました。

17年前から造っていたブルーベリーワインは、この程、酸味を活かし甘さを抑えたスッキリ味のワインに生まれ変わりました。

那須産100%ブルーベリーワイン光希500ml
那須ロイヤルブルーベリーファーム

────「どぶろく・ワイン特区」の 「どぶろく」ってどんなお酒ですか?

doburoku
■どぶろく

どぶろくは、昔から豊年祈願などの神事に使われ、今でも全国各地の神社で「どぶろく祭り」が開催されている歴史のある酒です。

どぶろくとにごり酒
■どぶろくとにごり酒

また、どぶろくは家庭でもカンタンに造れるお酒です。

ほんのり甘く呑み易く、清酒並みのアルコール度なので、呑み過ぎには注意が必要です。

ちなみに甘酒は、アルコール度数が1%未満なので「清涼飲料水」です。

にごり酒はどぶろくにソックリです。

見た目は似ていますが、もろみを濾(こ)さないままのどぶろくと違って、荒くとも漉(こ)しているので、にごり酒は「清酒」に分類されます。

──── ワインも清酒も「醸造酒」です。本当に同じものなんでしょうか?

アルコール飲料は、「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の3製法で分類されます。

☑ 醸造酒・・・ワイン、清酒、ビール、紹興酒など

☑ 蒸留酒・・・焼酎、ウイスキー、ブランデー、ジン、ウォッカなど

☑ 混成酒・・・みりん、リキュールなど

飲料としての分類は、ワインも清酒も「醸造酒」であり、穀類(米)、果実(ブドウ)などの糖質原料を発酵させて製品にするという点では同じです。

ですが、ワインと清酒では、その製造過程に大きな違いがあるのです。

ワインの仕込み
■ワインの仕込み

良質なワイン造りにおいては、「ブドウの出来」が最も重要です。

簡単に言えば、ワインの原料である「ブドウ」を潰して放置するだけで発酵し、製品になるからです。

「ブドウの品質」がワインの出来・不出来にダイレクトに関わってきます。

日本酒の仕込み
■清酒の仕込み

一方で、清酒では「水」「醸造技術」が肝要です。

清酒の原料であるに水を含ませ、麹の酵素で糖を造ると同時に酵母で発酵させるという、非常に複雑で高度な醸造技術が必要です。

「水」と「醸造技術」のどちらが欠けても清酒にはなりません。

分類は同じ「醸造酒」でも、果汁を発酵させて出来上がるワインと、米から仕込む清酒では醸造の工程が全く異なるんですね。

──── 一般的に「良いワイン」とされる基準は何でしょうか?

世界では広く、「ヴィンテージチャート」という一覧表が使われています。

「ヴィンテージ」ブドウの収穫年を指し、「ヴィンテージチャート」とは、ブドウの評価項目を数値化し、生産地区ごとに一覧で示したものです。

昔、英国の愛好家たちがワインを収集する指針として作ったもので、今では世界各国のジャーナリストや専門家が採用しています。

ワインソムリエなども、ヴィンテージチャートを参考にしつつ、栽培や醸造技術などの背景を複合的に判断して選別しています。

パーカーポイント
■パーカーポイント(PP)

「パーカーポイント(PP)」とは、世界で最も影響力が強いとされるアメリカのワイン評論家ロバート パーカー氏(現在は引退)の評価を示したヴィンテージチャートです。

気象条件としては、

☑ 春から秋までの日照時間が十分確保されている

☑ 収穫時期に大量の雨が降らない

といった、ブドウ栽培に適した気候であれば「当たり年」と言われます。

──── 醸造所にある設備は、ほとんどステンレスなんですね。

661ワイナリーのタンク
■661ワイナリーのタンク

「ワイン醸造」と聞くと、大きな木樽を連想する方が多いですね。

勝沼の老舗ワイナリーを訪問した折、木樽とステンレスタンクのワインを両方ともテイスティングさせてもらったのですが、どちらも絶品でした。

661stの醸造委託先の話では、ステンレスタンクの先駆けはボルドーという説があります。

ワイン業界の情報によれば、ニューヨークワインはステンレスタンクとIT技術で急成長したということです。

木樽
■木樽

木樽の特徴は「味の複雑さ」です。

木樽には通気性があり、ワインが空気に触れているため、樽材からポリフェノールやリグニンなどの成分が溶け出し、化学反応で複雑な風味が生まれます。

また、樽の内側のロースト(焦がし)加減で、バニラ、チョコ、コーヒーなどのフレーバーが出せるため、樽の大小や樹齢の組み合わせから彩り豊かなワインが生まれています。

ただ、樽の寿命が3年~5年と短いことと、造り手の技術に左右されることが難点です。

一方で、ステンレスタンクは錆(さび)に強く、温度調整がカンタン、衛生的で汚れ知らずという三拍子揃った醸造機材です。

醪(もろみ)やワインを入れる容器として使われ、「発酵用」と「熟成用」に分けられ、オークチップを利用した樽熟成の風味が付けられます。

ただし、香りの複雑さ、深い味わい、希少性や高級感・・・といった点では樽に及ばない部分も。

当社では、双方のメリットをバランスよく組み合わせ、発酵用はステンレスタンク、熟成用は赤ワインが木樽、白ワインはステンレスタンクを選びました。

────「醸造」って奥が深いですね。ところで一番奥にあるタンクは何ですか?

銅のタンク
■ピカピカの銅タンク

ビールサーバーです。

できたばかりのビールが直接飲めるんです!

来年ワインセラーを造って飾りにしようと考えてますが、いまは保管場所がないので隅っこに置いてます。

ワイン醸造とはあまり関係ないですね・・・はい。趣味で買ってしまいました(笑)。

おわりに

nofu-normal

ワイナリーは来春開業予定です。

どうぞお楽しみに!

【実際の画像多数】661ワイナリー、農園再生への道

密着!社長1人で荒地を開拓

20181016-0021

2000坪の別荘放棄地を独りで開墾し、それ同等以上の広さの耕作放棄地を半年で開拓した室井社長。

201712農地跡が見える湿地

今回は、ワイナリー企業までの道のりを、プロのカメラマンが撮影した現場の写真をふんだんに使ってご紹介します。

2018放棄地

────社員やご家族たちから、「荒地の開墾は社長の趣味」と思われているとか。

nofu-normal
確かに嫌いではありませんが・・・

猛暑の中、荒地の斜面で2ヶ月ほど耕作を続ける厳しさは、修行僧の山籠もりや滝行にも負けないと思いますよ!

20180505-0078

───耕作中にスマホを紛失したり、身の丈ほどの脚立から何度か転落したと聞いています。

スマホは、家族や社員に手伝ってもらい、皆から電話をかけてもらってようやく探し出しました。

災い転じて・・・ではありませんが、何度か落っこちるうちに、まず「刃物を手放して」あわてず転倒するコツを身に着けました。

201805カマ折れた
作業中に折れた(!)カマ

────良い事もあった?

2つほど。

1つは、体力&健康です。

人間ドックで要精密検査の判定 ⇒ 全部「 異常なし 」になったんですよ!

もう1つは、周囲の理解や信用を得たことです。

そんな姿を見てもらううちに、近隣の農家から「あの人は、本当にワイナリーを造るんだ」と信じてもらえたんです。

0417葡萄園着手

────広大な荒地を耕すなど、一般人には想像もつかない事業ですが、どのように進められたのですか?

やはり、専門の知識と重機が必要です。

まず、農地の再生作業を行います。

具体的に言うと、事前に作成した再生利用計画に従って、荒地を農地へと再生させます。

次に、再生後の農地を運営します。

当社は、那須町から「再生後の農地を運営」させて頂くことが決まっていますが、ワイナリーの農園計画を温めていたので「再生作業」も引き受けたのです。

再生作業は、再生利用計画を決めるだけで1年は掛かる事も珍しくはない所、当社は1ヶ月足らずで着手できました。

実際の現場から ~ 再生作業の様子

20180220-0067
現場の様子

20180911_020
「雑草・灌木の除去」

201809潅木でも伐採するとトラック満載
「根・地下茎の除去」
灌木は人間の背より低い木のことで植物の地上部、根・地下茎は文字通り地中部で手間が掛かります。
重機を使うので同時にできますが、根本を残したりチップにして肥料にしたり、粗大ごみを減らすことも再生の条件です。

20180619_0010

20190404_0021
「耕起・整地等」
耕起は種まきや植苗する前に、土を柔らかくしたり水はけを良くするため、耕耘機で土を掘り起し、土壌を反転・攪拌する作業です。

────再生作業の検討6項目にある③機械調達は難しかったのでは?

偶然にもワイナリーの中央に林業や土木を請け負う会社があり、全部揃えてもらいました。

201709トラクター
■トラクター( Massey Ferguson 6475 )
トラクターは作業機を変えられる万能の農業機械です。

201809粉砕機
■粉砕機( Zenoah chipper-shredder SR3000-2 )
粉砕機は18センチの丸太を2~15ミリのチップに破砕できるので、大粒の舗装から発酵用の細かなチップまで無段階に作り分けできます。

201805キャリー
■キャリー( クボタ RG30i )とミニバックホー
斜面でも凹凸があっても大量の資材を運搬できる機械で、ショベルカーやバックホウなどとコンビで活躍します。

────社長のツイッターでも大きな岩や池が紹介されていましたね。

丘の庭にある巨岩です。

ワイナリー巨石1

201712丘の頂上巨大岩

201709岩を割るミズナラ

耕作放棄地で見つけた岩です。

201806掘り起こした岩

20180911_019

201805竹藪にも岩

再生作業において、古い岩石や廃棄物は邪魔者扱いですが、私たちにとってはワイナリーの景観に活かせる大切な資源です。

池は「埋め立てろ」という声もありましたが、ベリー類の汲水や農園の潤いにもなるので綺麗に整備しました。

農園の北側には蛍が飛び交う小川や水芭蕉が群生している湿地も存在します。

農園の中だけで自然の魅力が楽しめるように景観設計を進めているのです。

201910去年植えた葡萄

Photo by PHONCS株式会社 小磯代表 0287PRODUCTION

おわりに

nofu-normal

ワイナリーは来春開業予定です。

どうぞお楽しみに!

【厳選10か所!】農業体験もできるワイナリー周辺施設

那須には無かった、那須らしい里山づくりのために

MAP圧縮版

661ヒルズはいわば「ワイナリーのある観光果樹園」です。

敷地の総面積は約3万坪、東京ドーム約2個分。

大昔の那須岳噴火によって出来た地面は凸凹で、巨大な岩が地上に突き出た場所はパワースポットにもなっています。

参考サイト:「トラベルジャーナ」【ブラタモリ那須編】那須の歴史・地形・観光ルートまとめ #110

ファミリーロード側の施設

【1】 醸造所

ログハウスやツリーハウスがあるアウトドアゾーン(661スプリングス)中心部にある多目的棟を改造して醸造所にします。

【2】 ワイナリー

醸造所からファミリーロードの間にある、「BBQガーデン」、「生活雑貨店ミセスポージー」、「窯焼ピッツァとパスタのカフェロルモ」を一体的につないでワイナリーにします。

【3】 ワイナリーショップ

ワイナリー最高の楽しみである「テイスティング」「ワイナリーショップ」は、ミセスポージーのガラス館をリフォームします。

【4】 丘の家(宿泊施設)

小高い丘は、藤の木に包まれた雑木林です。

20190516_0057

北側に見える那須岳、南側にある巨石群を活かし、丘全体を庭にして、庭の真ん中に暖炉のある「丘の家」を建てます。

ワイナリーの事務所、宿泊客のシャワー室、VIPルームなどを完備。

丘の家の西側にはログキャビンを建て、宿泊施設として利用します。

【5】 野外アート

薪や、開拓で抜根した木々や石などを活かした野外アートを展示します。

石のアート

トトロ アート

倒木

羽ばたくふくろう

一部画像引用元:KOREOMO「これは面白い」「薪アート♪」

【6】 アクセス

長期滞在に備え、りんどう湖の臨時駐車場をご利用いただくことに加え、丘の家にも駐車場を整備して、3か所からのアクセスを設けます。

御富士山(おふじやま)側の施設

【7】 ベリー畑

美瑛パッチワーク2

御富士山側に広がる2.5万坪もの耕作放棄地を開墾した地域最大規模の果樹園で、富良野や美瑛のパッチワークに倣い、多様なベリー類※を育てます。

多様なベリー類:ブルーベリー、マルベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ジューンベリー、葡萄

御富士山(おふじやま):標高500メートル足らずの小さな山ですが、大型バス級の岩がゴロゴロあり、天気が良ければはるか向こうの富士山が見えます。

【8】 風車

風車から果樹園

丘の庭から御富士山までの農地境界を回遊路にして、日本では珍しいアメリカ風車のある里山を創ります。

ブルーベリーは真夏の水やりが重労働になるため、西部開拓史に登場しそうな風車を使って汲水します。

あえて古風な風車を導入するのは、美しい那須の景観を守るためです。

里山の風景にそぐわないメガソーラーは必要ありません。

また、水道費を安く抑え、学問の分野では自然エネルギー研究の一環にもなります。

【9】 回遊路と景観

回遊路は、ロイヤルホテルの敷地内を通り抜けるコースをご用意しております。

小道の素材は、震災で崩れた大谷石(おおやいし)や間伐された八溝杉(やみぞすぎ)など、廃棄される地域資源を活かして、5年~10年かけて少しずつ整備していきます。

丘の庭からロイヤルホテルの南側の雑木林を抜けると、パッチワークの果樹園風車や四阿(あずまや)がアクセントになった里山の景観が広がります。

遊水地を眺め、葡萄園を通り抜けて、御富士山登山(高さ約30m)で往路終了。

休憩したら果樹園に戻り、花畑から湧水湿地を散策しながらロイヤルホテルの芝生広場。

ホテルの駐車場を通り抜けると1周(約2km女性平均3300歩)のウォーキングになります。

【10】 バードサンクチュアリ

バードサンクチュアリ01

那須山系が育む200種類以上の小鳥たち。

バードサンクチュアリ02

丘の庭にはバードサンクチュアリを造ります。

農業体験・交流会

農業体験を希望する人も多くおられます。

ブルーベリーの剪定教室に提供している自社農園を利用して、体験教室を通じた交流も考えています。

具体的には、授粉・水やり・枝切り・マルチング・袋掛け・枝支柱設置・剪定等は多くの果実に共通していますから、通年で交流会が開催できます。

他にも、農作業で土に触れ、自然を身近に感じることで「癒しの効果」が得られるという研究もあり、病院や介護の現場から農業体験の広がりを期待されています。

医療や介護の現場からの声は・・・

☑ 治癒効果が大きく感じられ、治療する意欲を自然と引き出せる

☑ リハビリが長引いて引きこもりがちになる頃合いに、社会復帰を目指す動機づけになる

☑ 五感の刺激でリラックスでき、集中力も高まる

☑ 農作業を身につけることで、就労のチャンスが得られる

☑ 自らの手で育てた野菜が売れた時の喜びと、工賃が得られた感動が意欲になる

・・・といった感想も寄せられています。

開墾着手から未だ2年目で、果樹が十分に育つまで3年ほど掛かりますが、2~3年目の農作業でも有効であれば提供したいと考えています。

おわりに

nofu-normal

ワイナリーは来春開業予定です。

どうぞお楽しみに!

661ヒルズの商品ラインナップをご紹介!

661ヒルズの商品構成は?

観光果樹園として地産地消の品揃えを考えています。

☑ 生食用 大粒ブルーベリー

BB1
生食用 大粒葡萄

BB100円
自社栽培
生食用 大粒ブルーベリー

100円玉と同じくらいの大きさ!

☑ マルベリーワイン

マルベリーワイン
マルベリーワイン

マルベリー
マルベリー

☑ 色んなワインをワンコインで提供するテイスティングセット

テイスティング5

☑ 那須高原野菜のサラダバー

焼きカマンベールとブルーベリーソースのサラダ
焼きカマンベールとブルーベリーソースのサラダ

☑ 酪農家直売の那須和牛

スペアリブ~ブルーベリー煮込み
スペアリブ ブルーベリー煮込み

☑ ベーカリー激戦区那須町のパンやスイーツ

ブルーベリーのレアチーズケーキ
ブルーベリーのレアチーズケーキ

フレンチトーストブルーベリー風味
フレンチトースト ブルーベリー風味

ヨーグルトケーキ
ヨーグルトケーキ

ブルーベリーヨーグルトムース
ブルーベリーヨーグルトムース

ブルーベリーチーズケーキバー
ブルーベリーチーズケーキバー

上記のメニューは、100種類にも上るブルーベリーレシピのほんの一例にすぎません。

那須高原のグルメをスタイリッシュに楽しんでいただきます。

※画像引用元:「 Wild Blueberry Recipes

※参考:661ナビ内記事「 ワイナリー視察日記 ~アメリカ東海岸のトマセロワイナリー~

那須町初のワイナリー「661ヒルズ」

logo

那須町で初のワイナリーだから、地域独占?

独占ではなく、隣町にある2軒のワイナリーとは「三者三様で競いたい」と考えています。

☑ 渡邊葡萄園醸造

那須塩原市にある「Nasu Wine 渡邊葡萄園醸造」は、創業120年のワイナリー。

ボルドー地方の伝統的な技術と製法でワイン醸造をしています。

醸造所
醸造所

ラインアップ
渡邊葡萄園醸造のラインナップ

Nasu Wine 渡邊葡萄園醸造
HP:http://nasuwine.com/index.html
栃木県那須塩原市共墾社1-9-8
TEL:0287-62-0548
火曜定休

☑ 鳳鸞酒造株式会社(那須の原ワイナリー)

大田原市にある「那須の原ワイナリー」では、ブドウやイチゴを使った各種テーブルワインが楽しめます。

酒造所
酒造所

赤ロゼ白イチゴワイン
【赤・ロゼ・白イチゴ】ワイン

鳳鸞酒造株式会社(那須の原ワイナリー)
HP:http://www.horan.co.jp/index.htm
栃木県大田原市住吉町1丁目1番28号
TEL 0287-22-2239

☑ 661ヒルズのワイン

nofu-normal

661ヒルズでは、自社栽培のブルーベリーや葡萄を使用した「アメリカンワイン」を提供します。

醸造家を招いた上で、最新の機材設備を導入し、経験や勘だけに頼らず安定した品質の本格ワインをお届けいたします。

☑ 志村葡萄研究所の葡萄をプログラミングした那須産ワインイメージ

図1
御用邸 goyoutei

図2
岩座 iwakura

図3
神座 sinza

おわりに

nofu-normal

次回は、661ヒルズ(仮)の施設計画をご紹介する予定です!

【NEWオープン】661ワイナリーの名称(仮)発表

661Stが手掛けるワイナリー、その名称は?

logo

661ヒルズ(仮称)

実は当初、「那須ロイヤルワイナリー」で進めていました。

ですが、お隣りが「ロイヤルホテル」で、那須町には「ロイヤル〇〇」が30軒近くもあるため、「ロイヤルを使わない」名称を考えました。

日本のワイナリーは2012年からの第7次ワインブームで5割(100軒ほど)も急増しています。

名称では「〇〇ワイナリー」や、昔ながらの地名や漢字を含むものが9割を占めます。

また、ファーム、シャトー、葡萄園、農園などの組み合わせが殆どで、企画会議で挙がる単語は全て使われていることが判りました。

早々に決めなければなりませんが、当面は 那須ヴィンヤード「661ヒルズ」で進めています。

ヴィンヤード=葡萄園

ヒルズ=開墾農地は凸凹な丘陵地

661=ムロイ(室井社長)

navi-nofu-wine-back

数字を使った名称は初です!
(2019年9月現在)

661ワイナリーの基本方針

ロゴ使用3

661ワイナリーは「奇跡のブルーベリー」で再生した事業の集大成。

ブルーベリーは、北アメリカ原産

661Stは
「アメリカンスタイル」

だから

ワインも アメリカン

他のワイナリーとは一線を画し

那須のテロワールに適した果実でワインを造る。

・・・

Tasting1

アメリカには、家族経営などの少人数でも、最新設備によって大量生産できるワイナリーが多くあります。

テーブルワインから長期熟成型の高級ワインまで、種類も豊富です。

アメリカなど、比較的新しいワイン生産国で作られたワインは「新世界ワイン」と呼ばれます。

アメリカンワインは、格式高い「旧世界ワイン」と比べてリーズナブルで気軽に楽しめるなど、若い世代にも客層を広げています。

また、果実味が豊かでしっかりした色合いや味わいがあり、アルコール度がやや強めなものが多いのが特徴です。

テイスティング3

なにより、やっぱりスタイリッシュ!

新世界ワイン(New world wine)
コロンブスに代表される大航海時代以降の生産国で作られたワイン。

アメリカ、オーストラリア、南アフリカ、チリ、アルゼンチン、ニュージーランドなど。

19世紀以降では日本、中国、インド、南アフリカなど。

旧世界ワイン(Old world wine)
ワインの歴史が古い国または地域で作られたワイン。

フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、オーストリア、ハンガリー、ドイツなど。

・・・

光希2016
光希2016

661ワインは「アメリカンワイン」に習い、

フルーティで個性的&スタイリッシュ!

手軽にアメリカンワイン

セルフ3

いまやネット通販でも珍しくない「アメリカンワイン」。

ですが、栃木県では

「アメリカンワイン?聞いたことが無い!」

と言われます。

かく言う私も、「カリフォルニアワイン」は昔から扱っていますが、「ニューヨークワイン」は数年前まで知りませんでした。

実は、アメリカ最古のワイナリーはニューヨークが発祥。

小規模な家族経営を続けてきた歴史があります。

西暦2000年代に入ると、IT技術を駆使する新規就農者が移住し、クールでトレンドに敏感なニューヨーカーによって磨かれたワイナリーが400軒を超えるまでに急増しています。

都心部には農園を持たない「アーバンワイナリー(※)」も10軒以上に増えています。
※参照:661ナビ内記事「 ワイナリー視察日記 ~NYで大人気!ブルックリン・ワイナリー~」

ニューヨークワインは、2013年オバマ大統領就任式(2期目)で飲まれました。

大統領就任式でニューヨークワインが飲まれたのは初めてのことです。

就任式以前は殆どが「カリフォルニアワイン」だったことを思うと、IT効果のスピードが確信できます。

その頃から「American Wine Day(アメリカンワインデイ)/Wine U.S.A.主催」が、ザ・リッツ・カールトン大阪で開催され、ニューヨークワインも紹介されています。

661のワイナリーでは、経験と勘だけに頼らない「アメリカンワイン」の成功事例に習いたいと考えています。

ワインデイ案内 予約券
American Wine day & チケット

おわりに

nofu-normal

次回は、661ヒルズ(仮)の具体的な商品ラインナップをご紹介する予定です!